どんな時も僕はずっと好きでいるよ

関西大好き芸人してます

西畑大吾くんへ!

 

 

1月9日

〜1年に一度の魔法 特別な日〜

 

そう!なにを隠そう、今日1月9日は西畑大吾くん21歳のお誕生日!

f:id:tashikana_kibou:20180109092518j:image

 

 

 

本当に本当におめでとうございます!

 『20歳』という貴重な1年間にたくさんの幸せをありがとう。大吾くんを応援していた1年間は本当にあっという間だったけれど、その時間その日々はとっても濃いものばかりでした。

 

 

だってあの国民的アイドル嵐さんと一緒のチームで戦ってるんだよ?!しかも大好きな教祖様である二宮和也さんとはCMと映画で共演?!しかもラストレシピとPとJKVS嵐に出演して?!特別番組では丸々ナレーション?!その合間には番組収録に雑誌の撮影?!そして春夏冬で松竹でコンサート舞台?!夏には主演映画が公開して?!舞台挨拶では全国を駆け回り?!体育会TVではリレーに出場して?!っていうことはお仕事の合間を縫って練習もしてて?!新年には城ホールを満員にして?!城ホの0番でネクステ歌って?!うちわも缶バッジもフォトセも売り切れ?!(落ち着け)

 

 

西畑大吾ってすごい。

 

え?!これ本当に1年間?!よくわたし覚えてるな?!だって3日前の晩御飯さえ思い出せないわたしが!大吾くんのたくさんのお仕事を !これほど列挙できるぐらいに!1年間でお仕事をしてくれてる事実。なんてこった....アメージング(?) 

  でもきっと大吾くんはこれだけの活躍をしても「これは支えてくれた家族、そしてスタッフさん。また応援してくださったファンのみなさん。そして、何よりも僕のことを1番近くで頑張ってと言ってくれた関西Jr.のおかげだと思います。本当にありがとうございます。」って言いそうじゃん?!(言ってないけど)

そんな、周囲への感謝を忘れない、謙虚で真摯な姿勢を持っている大吾くんだからこそ、人を惹きつけて「この役は西畑大吾くんがぴったりだと思う」って言ってもらえるのではないかなぁ....もちろんその前提には、彼自身のひたむきな努力があるし、役を勝ち取るほどの実力がある訳だけど、

そんな素敵でカッコいい大吾くんを応援できる環境にいるわたしは本当に幸せ者です。よく「◯◯くんが頑張るからわたしも頑張れる!」っていう言葉をnotおた時代のわたしは「そんなわけあるかよ〜」って思ってたけど、過去の自分をめちゃくちゃに殴ってやりてえ!(口悪い)前言撤回だよ!

 

 

 

大吾くんが頑張ってる姿はわたしの日々の生活の活力で、なんでも乗り越えられる力の源だよ!!!!!!

 

 

 

多分、今日(9日)という日には、たくさんの人からお祝いしてもらってるんだろうなぁ。それは関西Jr.はもちろんドラマや映画、これまでの大吾くんが関わってきた人たちからもたくさんきたんだろうな。でも1番はだれかな?りゅちぇ団でグループ通話して「おめでとう」って言い合ってるのかな?それとも流星がコラージュした画像送ってるんかな?はたまた正門くんが家まで来てるんかな?(リアコすぎる)(しんどい)(もはやカレカノ

 

 

わたしは大吾くんが「幸せだな、愛されてるなぁ」って感じてくれてたら嬉しいです。本当に大吾くんはだれからも愛されているんです。だって、わたしのツイッターでも、他の担当のファンのみなさんが大吾くんのことをたくさんお祝いしてくれているし、誕生日でもなんでもない1ファンのわたしにも「おめでとう」って言ってくれる、優しくてあったかい人で溢れてるんだよ?こんなに嬉しいことはないよね。大吾くん本当に愛されてるんだよ?

 

 

 

20歳の大吾くんへ

  この1年、それまで見たことのなかった素敵な景色を見せてくれた大吾くん。たくさんの幸せをありがとう。

 

 

21歳の大吾くんへ

 まずはお誕生日おめでとうございます! 大吾くんのことだから体が壊れちゃうほど頑張りすぎないかすごく心配です。でもそんな大吾くんのなんでもがむしゃらに努力して頑張る姿が大好きです。

 すでに3月と6月の舞台とコンサートが決まっていて、これから大変な日々になるとは思うけれど、無茶はしないでね?大吾くんはみんなに愛されているから、周りにはたくさんの味方がいます!わたしのようなファンもいます!決して一人ではないんです!それだけが言いたかった!

 「去年を越えよう」なんて贅沢なことは言わないから、大吾くんが幸せで楽しかった!最高だった!って言えるような1年になりますように。

 

 

 

 

本当にお誕生日おめでとう。

 

 

 

ゆい(@dai5_ma10ri)

兄組クリパ!最高かよっ!③

 

 

やばい!本当にやばい!

①を書き始めたのが25日だったのにもう31日なんだけど!?

このペースだと今年中の書き終わりが見えないので、セトリ一気に行くよーーー!!

 

 

 

MC

21.パズル
22.全部抱きしめて
23.私のオキテ
バブリーゲーム
24.アカンLOVE
25.Give me...
26.アイスクリーム
27.Unlimited
28.背中越しのチャンス
29.轟
30.never
31.メリークリスマス
32.BADBOYS
33.Blow out
34.Esper
35.SHINE ON
アンコ
36.浪速一等賞

 

 

 

まぁわたしの中でどハマりしたのは『never』だね。

 

弟組はかわいくてかっこよくて、言うならば『ラブ&ピース!』っていう感じのセトリ。しかし、兄組は『over20の大人の魅力&全力のおふざけ』っていう感じのセトリじゃないかな。(あくまで個人的見解)

 

 

 

 

とりあえずまず始まりからやばい。轟が終わったステージの上は全くの無音。そんな静寂のステージに広がる暗闇の世界。するとその暗闇の中から現れる人影3人。そして鳴り響く時計のアラームの音。イントロがかかり始める。ライトが照らされると同時に現れる10脚の椅子と兄組出演者10人。そこに響く大吾くんの歌声。美しい。綺麗。そのなかにある儚さ。全ては大吾くんのための演出だったのかと思うほど(違う)

 

 

(もうこの時点でかっこいいのがわかる)

 

 

 

『never』の1番の見所(個人的)は回転ステージに外向きの円形に並べられた椅子に座る10人。10人それぞれが脚を組んだり、前のめりに座っていたり。またどこか遠くを見つめたり、かと思えばそこにはいない誰かを想う、愛おしげで切なげな表情をする人もいたり。そんな十人十色な魅せ方をする10人が “どれほど昨日見つめても明日が見つかりはしない”と歌う世界。“ 気づいているだろう 向き合わなきゃいけないもの” “今日までの溜息 忘れられるかわからないけど”  

なぜか兄組にしっくりくる歌詞だと思ってしまった。新しい下の世代が年々増えていく中での葛藤や苦しみ・迷いが垣間見える気がして、最初はとても苦しかった。でも、最後の歌詞が “もう今をごまかさない” 。もがき苦しんでいく中ででも、それでも真っ直ぐに突き進んでいくという兄組みんなの決意が見えた気がした。かっこいい。これでこそ兄組だ。ついていきたいと思った。この人たちが魅せてくれる世界に。

 

 

 

そしてなんて言ったってやっぱりすごいなと思うのがMC。

いい意味で間がない。静かになる瞬間がない。それは、誰かが話し終えると同時に、次の話題に入るお題があったからだと思う。周りを見ると共に、大体これで終わるという間を感じ取っていたのか?というぐらいお題の転換がすごかった。そして、内容もおもしろい。腹筋が鍛えられた。今回、2日連続の3公演を体験したが、腹筋が筋肉痛で大変だった。すごいこれ。と思いながら帰路に着いた。やはりトークという面では、これまでに培った経験の差が如実に表れていると思った。あとやっぱり持っている基本のスペックも。もちろん台本が事前にあっただろう。でも、それでもそんな段取りを感じさせなかった。特に丈くんはさすがだと思った。いろんな意味でバブリーガールズも丈くんがナンバーワンだった。

 

 

 

 

 

全力のバブリーガールズも最高に面白かった。ただただインパクトの強いみんなの女装。

 

 

f:id:tashikana_kibou:20171231170337j:image

 

 

大子ちゃん(西畑)は途中からカツラをチェンジして茶髪の前下がりボブになってたんだけど、まあそこらへんの子より可愛い。どれぐらい可愛いかというと

 

【クリパ12/6 1部】兄組

バブリーガールズ
西畑「みんなちょっと待って!そんな言い争いをしても絶対にわたしたち売れないわ!だから1番可愛い子を決めましょ!」
康二「あなた結構可愛いわよ」

 

康二くんが可愛いって言っちゃうレベルで可愛いの。本当に保護しないといけないレベル。幼顔はいいなと思った。

 

 

 

そして1番の見所は丈くんかな。見てみんな!超ブス!(ごめんなさい)丈くんはど直球の男顔だから、女装があんまり似合わないんだよね?そうだよね?そんな丈くんだけど、ソロの歌声は甘いからね。顔はうるさいのに。(小声)ギャップ。

 

 

 

 

今回の兄組クリパをまとめると

・セトリが神

トークに安定感

・全力のおふざけで腹筋が筋肉痛

 

 

上記の3つ以外でも、もっと魅力的な部分・おもしろい部分がありました。ただ語彙力のないわたしにはコレで精一杯でした(すみません)ということで『ここがすごいぞ兄組クリパ』を終わります、皆さんよいお年を!

 

 

 

 

センキュージャパン!

 

 

 

 

兄組クリパ!最高かよっ!②

 

 

前の記事でビグゲ〜UMEまでいったことに満足し、年末の冷蔵庫整理に入っていた(帰省前あるある)(ちなみに賞味期限切れの卵4つ)ため、日にちが空いたのですが(すみません)、そういえばわたし自身が本来の目的を忘れていました。

 

 

そう、

 

 

セトリ解説じゃねえ!!!

 

 

 

やっちまっていました!そうだ!曲の解説してたら年越しちゃう!兄組のいいところを褒めちぎるんだった!!あけおめのグッズに惑わされている場合じゃなかった!!(私情)

 

と、本来の目的を思い出したところで5曲目からのセトリはこちらです。(結局かよ)

 

5.THE D-MOTION
6.Shake it up!
7.Sexy! Honey! Bunny!
8.Loud-X
9.PARTYMANIACS

 

 

 

いや......なんじゃこのメドレー......

え?セクシーメドレー?

 

まぁた、このメドレー中に西畑くんがアウターを脱ぎ着して、中のキラキラスパンコールなノースリーブからチラ見せする腕がまあ〜〜細い!そして白い!なんかわかんないけどエロい!

 

シェケの間奏で西畑くんの真似をするんだけどこれがまあかわいい。(モンペ)おおかた「にゃんこスター」が多かったけれど、この時のチュー顔のにしはたくんは保護すべきだと思いました。もちろん周りのお兄ちゃん達も可愛かった...みんな保護されるべきだよ....

 

 

 

......と、わたしのヤバさがばれそうになる前に次行きます!!

 

 

 

10.宇宙に行ったライオン
11.猫中毒
12.Terrible
13.Hit the floor
14.Lovely Xmas
15.SNOWDOMEの約束
16.WISH
17.Winter Lover
18.SNOW SNOW SNOW
19.セクサマ
20.ロマンティック

 

 

と一気にここまでいくのですが、兄組に入ったみなさん(少なくともわたしの周りにいるメイン担)は口を揃えてこう言います。

 

 

 

「猫中毒やばい....」

 

 

この言葉を聞いて挑んだ兄組。そして実際に肉眼で見た猫中毒。is ヤバイ。

 

 

何がヤバイってもう最初から最後までヤバイ。とりあえず曲始まりにステージにあるのは3つのダンボール。そしてイントロの「ジャッ!ジャッ!ジャッ!」に合わせて、その箱の中から3匹(人?)の猫が動いてる。そう。かわいい。次の「ジャジャジャーン」(我ながらわかりにくい)の後に真ん中の箱から、白猫の西畑くんが飛び出す is かわいい。続いて茶色の猫康二くん。そして最後に桃色猫の龍太くん。3人まとめてかわいい。

猫耳に全身猫着ぐるみに猫のおててを嵌めて首に鈴をつけている3人。何それ見たい!と思われた方はぜひ、月刊SongsさんやQLAPさんをお買い求めください。弟組のレポも載っててすごいお得感!そしてみんなキラキラしてる!財布のひもが緩む緩む!(話が逸れる)

 

 

龍太「だいたいひどいって英語でなんていうか知ってんのか?」

康二「なんていうんですか?」

龍太「Terribleや」

 

 

の声に合わせて通路を通るFunky4人。意外と走るスピードが早いのにびっくり。風を切るってこいういうことなのかと身をもって体感した(なんの話)

 

 

通路を見てる人が多いんだけど、ステージ上では猫の格好の3人がダンボールを両手で持って、袖にはけてる姿がすっっっっっごいかわいいかった。ついてもない「トテトテ」っていう効果音が不思議と聞こえてきてた。

 

 

 

Terribleの話に戻るが、さすがFunkyだなと思った。ただただかっこいい。そしてセクシー。「指先を絡めて〜〜」と歌う大橋くんが階段セット上で待つ今江くんに、5cmもないぐらいに顔を引っ付けるんだけどあれはヤバイ(語彙力)(伝われ)ガシガシ踊る4人はとにかくエロい!いや!セクシーなんだけど!こうテクニックがすごい!振り中にステージに腹ばいになるん(ホンの一瞬)だけど、起き上がり方が滑らかに顔から起きる感じ。言葉じゃ伝わりづらいけど!本当に色気がだだもれだった。

 

そして1番の感動点はそれぞれのメンバーカラーのスポットライトになっていること!丈くん赤の大橋くんピンク、そして今江くんが緑で朝田くんがデニム(ありがとう松竹さん!ありがとうFunky8!)と心の中で唱える。他の4人が揃ったステージが見たくなった。いつか叶えたいと思った。8人でのステージを。そして松竹さんに何かお礼のお手紙を送ろうかとも思った。

 

 

 

 

 

とりあえず明日は早起きしないといけないのでここまでですみません!続きは3でします!たぶん知らんけど!

兄組クリパ!最高かよっ!

 

 

本日(というか昨日だけど)12月25日は、関西ジャニーズJr. Xmas SHOW 2017の大千秋楽でした!

 

大西流星座長率いる弟組の千秋楽。あの流星が座長....たくましくなったね(親目線)

 

 

ということで、みんなが『大千秋楽おめでとう』の雰囲気の中、わたしは兄組クリパを徹底的に褒めちぎりたいと思います!!!

 

ここがよかったよ兄組!

 

・とりあえずセトリが神ってる!

 

会場が暗くなって一瞬の静寂が訪れた松竹座に突如鳴り響く気持ちを高ぶらせる音楽。

それが終わったあと間髪入れず始まる「デッデン!ナーナーナー!」のイントロ!そして、赤のライトに照らされる7人のシルエットがステージにドーン!

 

f:id:tashikana_kibou:20171226003417j:image

 

 

「最高のこの瞬間を今感じたい!」

 

f:id:tashikana_kibou:20171226003422j:image

 

 

 

おたくのボルテージは最高潮!!!!

もうすでに体力の2割はここで消費してる感じ(ババア)

 

おたくのテンションを一気に0から100に上げたあとに聞かれる

 

西畑「盛り上がってますかー?」

観客  \イエーーーーイ!/

西畑「OK!じゃあ自己紹介始めるぜ!」

 

からの7人の自己紹介ラップ!!!!

 

 

関西ジュニアのプリティフェイス!

すっごいゴイゴイゴイゴイスー!

見た目はすっごくヤンキーです!

みんなの頼れる漫才師!

いっぱい食べるぜ!食べるの大好き!

関西Jr.のセクシー担当!

アニメもラーメン大好きです!

佐野!小島!正門!

 

 

 

紹介はもうこれだけで分かる!!!

名前コール楽しくて大好き!!!

 

 

 

そして、10人全員でダンスし終えたあとに流れるBring it on!!(まだ2曲目)

 

前半は龍太くんと康二くんが交互に歌うのが多く、後半は大吾くんとFunky4人が歌う!

 

 

西畑「ついてきな」

 

 

で締められる曲終わり

(一生ついていくよ〜!!と心の中で気持ち悪いオタクをしてる)

 

 

そして休む暇なく始まる『バンバンッ!』

 

 

f:id:tashikana_kibou:20171226015256j:image

 

 

この手を上げて今を生きる熱さをみせた!!!ステージの10人と撃ち合う時間はただただ楽しい時間.....最高.....

 

ペンライトがキラキラ輝く松竹座で架ける架け橋はすごく綺麗で

(※この辺りで体力3割消費済み)

『Are you ready say!』で舞台上の演者に好き好きに撃つ!

ただ問題なのが舞台上に自担がいない!!!(着替えに行ってる)

から大好きな正門くんを狙う!楽しい!好き!(私情)

 

 

 

またまた休む暇なく始まる

『UME強引オン』

 

左列扉から出てくる大吾くん

右列扉から出てくる龍太くん

 

 

衣装チェンジしてかっこいい!!!!!

 

 

 

この頃には体力が6割なくなってたババアでも、可愛くてかっこいい大吾くんに

 

西畑「はい!はい!うー?」

 

って言われたら無意識に

 

\ハイハイ!/

 

って言ってるぐらい楽しい!!!

 

 

「不安も憂鬱も道連れに 息切れしながらドタバタじゃん!」

 

 

月曜からバイトと講義で憂鬱なわたしの気持ちが.....ドタバタじゃん!のかわいい大吾くんで一気に消えた。

いや....むしろ....冒頭のビグゲから現実忘れてた.....忘れるぐらい楽しい曲が続いてた....

 

 

 

(まだ始まって4曲)(初っ端からテンションMAX)(フルスロットル ) 

大切な5周年。

 

 

 

 

 

今日はKinKanの結成5周年。

わたしが大好きなグループ。

 

 

 

 

 

 

 

言いたいことはただ1つだけ。

「3人でいてくれてありがとう。」

 

 

 

 

わたしがKinKanと出会ったのは結成当初。最初は「あ〜〜かねこじや!」ぐらいの感じで雑誌を見てたぐらい。でも、ある時新しい子が真ん中にいた。「だれ?」って思ったのは紫耀くんだった。そこから毎月3人で雑誌に載ってた。そんな中少クラin大阪があった。

 

 

「僕たちがKing of 関西です!!!」

 

 

「......??」訳が分からなかったけど、とりあえず恋のABOのパフォーマンスがすごくて堕ちた。

 

 

 

そっからはあっという間に月日がたった。Anotherでは3人で葉っぱ隊もした。東京にも行った。コンサートもたくさんした。彼らを応援している日々はとても楽しくて儚いものだった。

 

 

 

 

Blue Rose》の中に『ここじゃないと振り返ってもあの日々にはもう戻れない』『俺は俺の道をゆくさ』

 

 

 

 

 

気付けば歌詞の通りになっていた。もちろんそれが悪いことではない。(と思いたい。)彼らはNEXT STAGE へと進んだのだ。

 

 

 

 

「走り出したその思いで」

「瞳を開けて」「僕を信じて」

KinKan3人がもらえたパートだった。

 

 

 

 

 

【関西・東京・美容師】

3人はそれぞれ違うところで活躍していた。

 

 

 

 

もう私もわかっている。でも時に、あの楽しくて儚い日々を思い出して恋しくなってしまう。

 

 

 

KinKanというグループに出会えて応援できてとても幸せでした。本当にありがとう。結成5周年おめでとう。これからも大好きだよ。

 

 

 

今年の春。最高の春。

 

 

コンタクトが乾いて目がしばしばしながら、高速バスの中でブログ書いてます。なんてったって忘れたくない記憶があるからね。

 

 

 

いざ、来たる!

【 3/20、27、28 】

 

今年はお友達のご縁もあって3回も春松竹に入ることができました。

 

3/20は花横で、とりあえず近い!双眼鏡いらねえ!とりあえずやばい!っていう語彙力のかけらもないような人間でした。

まだ大吾くんの体調も大丈夫であった時で警官と教師の掛け持ちしてて。花道に来た大吾くんに「えっ、白い。綺麗。儚い。ちっさい。」って呟いてました。そんなポリスとガチッと目が合い、手を振ってくれたときはほんとに夢の中にいるみたいにふわふわしてて、泣きそうで。最高の幕開けとなりました。

 

 

 

 

そっから何やかんや引越しがあって、26日に実家に戻り荷造りして、27の朝に、ドタバタしながら顔も作りかけの状態で高速バスに飛び乗りレッツゴー大阪しました。この日から2日間はほんっとにお友達のおかげで最高に楽しい2日間でした。今までのわたしは大阪に来る目的がただ公演を見るためだけだから、ホテルもやっすい所(今回も4900円)で、ご飯はファミマのおにぎり1個といろはすの水ぐらいなんていう人間だったんですけど。今回はたこ焼きもおうどんも王将も行きました!最高に美味しかったし最高に楽しかった!

 

 

 

 

27日はわたしが好きな全体の構成が観れる3階席で、「あ〜スタッフさん桜片付けてるわ〜」「あっ!和傘もまとめて片付けてる」っていうスタッフさん観察して。(ちゃんと舞台も見てる)

 ただ、唯一気がかりなのが大吾くんで。24日だったかな?bring it onで倒れたっていうレポを見て。この日(27日)は警官が恭平くんで、先生が真鳥くんっていう配役に変わってて。また、歩く18禁真鳥先生が全然関係ない所で下ネタ変換するからウケてウケて!(話がすぐ逸れる)これは明日の千秋楽もこのままかな〜とか思ってたの。

相も変わらず大吾くんは白くて細くて儚くて綺麗で。

 

 

28日千秋楽

 

え?ほんとにこれで春が終わるの?早くない?誰か時間操作したでしょ?明日から現実に戻る?無理無理!っていう気持ちでホテルを後にし、松竹に入りました。今回はセンターの真ん前!大吾くんにど被り!イエス!最高!な席だったんですよ。康二くんと丈くんが前の列でサマンサバサバサの下りやるし、お立ち台の流星近くて!(お顔がほんとに綺麗)

 

来たるコント!!

 

セットのドアが開いた瞬間、なんか色白の細くて綺麗な人が見えて!

 そう!大吾くんが警官で戻ってきたーーー!!生きててよかった。ってほんとに思える日だったな〜。そのままスタッフさんお手製のパトカーに乗ってコントに居続けてくれて、町内参観日の日にもパトカーに乗ったままいて(笑)先生が末澤くんで、安定のチビいじりで見下げてごらんネタ2回やって「今日はヤジが多い!!!」って叫んでて(笑)あ、みっちーがいて、生徒に高橋道枝長尾のANOTHERトリオ!!!歌ったよー!ねじ込み芸もやったよー!

こんな感じのコントで、まぁざっとまとめると、大吾くんかっこよかった。

 

 

 

去年の受験期間はほんとに精神的に辛くて、面接の先生が怖くて、正直、おたく<受験 だった。まあ当たり前っちゃ、当たり前なんだけど。

 

 

 

ぶっちゃけわたしは、おたくなんていつ自分が飽きるかわからないし、いつ興味がなくなるか何て分からないから、とりあえず自分のやりたいこと・したいことを選んだんですよ。わたしが個人的に考えたモットーで「現場は一瞬、将来は一生」って頭においてやってると必然的に優先順位は受験になって。

 

 

でも、合格したらいいんだ!!!そんな過去の道のりなんてどうでも良くなる!!!って思いました。

 

 

辛いことを乗り越えた後の現場はこんなに楽しいものなのかと!!改めて思いました。それもこれも、一緒に入ってくれたお友達、そして、素敵なSHOW合戦をしてくれた関西Jr.みんなのおかげです。

 

本当にありがとう。

 

アイドルという道でやっていく覚悟




すごい今更だし、自分用のメモということで書いていきますことをご理解よろしくお願いします。



テレナビスマイル2016  vol.20より引用



Q.自身がアイドルの道で本気でやっていこうと覚悟を決めた時は?



浜中文一くん

「この仕事をずっと続けていく覚悟っていうのは、僕にはないかな。どちらかというと、いつでも辞める覚悟を持ってます。(中略)求められればやるし、必要とされなければ去る。今の仕事を成功させないとっていう背水の陣じゃないですけど、常にそういう気持ちでやってます。この仕事を長くやって積み上げてきたものを手放すことのほうが覚悟はいるかなと思いますね。



他のメンバーは具体的な時期や場面を上げている中で、他とは違う答えを出していた文一くん。



たくさんの仲間たちが去っていくのを見ていた文一くんだからこそ、言える言葉だと思いました。



(まだまだペーペーなファンです。偉そうなことを言ってすみません。)


今日のまいジャニの文一くん、最高でした!